引き寄せの法則で心を穏やかに。

不安障害な私が 引き寄せの法則や潜在意識を使って改善を試みたり考えたりするブログです。

自分を認められない。

頭では分かっていても心の中まで浸透していないのが現状ですね。

 

本当にこれでいいのか。

本当に今後良くなっていくのか。

 

不安は不安な現実を引き寄せる、と分かっていても、前向きになれない時もあります。

 

私はこのブログで前向き寄りの事を書きたいとは思っていますが、落ち込み気味な時は「本当に大丈夫なのかな…」と言う不安も書いてしまいます。

「この人言ってるだけで何も出来ていないな」と思われる方も居るかもしれませんが、いつかは『良くなりました!』というご報告が出来たらいいなぁと思っています。

 

更新頻度もまちまちですが、上がったり下がったり、何か良いと思う事があればシェアしたり、そんな流れをリアルタイムで少しずつ綴っていきたいと思います。

今までの私の状態。

私は一度はかなり回復していました。

 

一番酷い頃は一日の大半を布団の中で過ごし、每日数時間は理由のない強い不安に襲われ、そうでない時間はその強い不安が来る事に怯えて過ごしていました。

家から離れるのが怖くて家から出られず、家から出られないので病院に行くことも出来なくて、毎日怖くて怖くて、死んだほうがマシなんじゃないかと思っていました。とは言え死ぬのも怖いので、生きてるのも怖い、でも死ぬのも怖いと言う板挟み状態でした。

 

その後きっかけは忘れてしまいましたが、家族に付き添ってもらいタクシーで何とか病院に行き、医者に掛かるようになりました。

そして薬を飲みつつ家族に付き添ってもらい外に出る練習をしました。最初は本当に数メートルづつ、1つ先の電信柱まで行ってみる、位の練習を繰り返してました。

少しづつ距離が伸びても今度は信号を渡るのが怖い、スーパー等のお店に入るのも怖い、入れるようになってからもレジに並ぶのが怖い。【その場からすぐ動けない状態】が怖くて、いわゆる広場恐怖ですね。

しかし薬のおかげ(薬を飲んでいるという安心感のおかげ?)もあってかその後数年で出来る事・行ける場所は増え、

去年までは日常生活にはほぼ支障はなくなっていました。あまり遠い場所に行ったり飛行機に乗ったりは出来ませんでしたが、ある程度1人でどこへも行けるし、電車も買い物も大丈夫でした。隣の県位なら旅行にも行けてました。

(それでも一年に1~3回程度はゾワッとした不安に襲われることはあったので頓服の薬は基本持ち歩いていましたが…。殆どが薬を飲まなくても数分程度で治ってました)

 

が、ちょうど去年の今頃、初めて会う人と飲みに行った時、騒がしい居酒屋の中でふと

「私は何でここに居るんだろう?」と思った時に急にゾワッと不安になってしまいました。

目の前には今日初めて私の体調について知らない人、お店の中には沢山の人、お酒を飲んでるから薬も飲めないし家の最寄り駅から電車で30分以上離れている場所。

 

「不安障害の事を話したら変な人だと思われるかもしれない」

「こんな大勢いる所で変な行動をを起こしたら変に見られるどうしよう」

「店から出るには会計をしなきゃ出られない、けど初対面の人にそんなこと頼めない」

「ここから出ても駅まで10分、電車も30分乗らないと帰れない」etc…

 

頭が色々な事でぐるぐるなりながら何とか「ちょっと気分悪いので少し黙ります」と伝えて数分不安と戦いました。その間も「相手に悪い」と思って「早く治らなきゃ」と焦っていました。

数分後多少落ち着き、また話を再開しました。正直「もう帰りたいな」と思っていましたが「相手に悪い」と思い話を続けました。

そうこうして何とか帰ってきて、その次の日辺りは「昨日はびっくりしたなぁ」位にしか思ってなかったのですが日を重ねる毎に「またなったらどうしよう」という気持ちが強くなり、半年足らずで電車に乗れない・飲食店に入れない・近くで買物すら出来ないと言う状態にまでなってしまいました(職場に行けないため仕事も辞めてしまいました)。以前のように寝込んだり、家から出られない、信号が渡れないという所までは戻りませんでしたが・・・。

それでも一時期は家から5分~10分以上離れた場所には行けませんでした。

 

一度はかなり良くなって、その状態も10年ほど続いたのに、まさかまたこんな状態になるとは思ってもみませんでした。

それも一重に自分の内面を整えなかった事(自尊心がなく自分を肯定できなかった事)

「またなるんじゃないか」「またなったらどうしよう」という恐怖に焦点を当て続けた事(自分の【思った通り】になったと言う事)なんじゃないかと思っています。

 

今は頓服を飲みつつ外に出る練習をしています。少しづつですが行動範囲も広がってきました。

私は散歩が大好きで、当時の職場から2~3時間掛けて歩いて帰ったりもしてました。

それがとても楽しかったのですが、その間も「こんな事してる場合じゃないよなあ」

とか「家に帰ってやらなきゃいけない事が沢山あるよなあ」とか思っていました。

今思えば、何でせっかくの楽しい時間を「こんな事していては駄目」と否定していたのか。とても勿体ない事をした思います。

今は出来なくなってしまいましたが、また自由に散歩が出来る様になった時には

それを肯定して心から楽しみ、幸せを噛み締めたいと思っています。

ブログタイトル変えてみました。

【不安障害と引き寄せの法則】と言うタイトルでしたが、ふと思って変えてみました。

 

何故なら自分のブログTOPを見る度に【不安障害】の文字が目に入ってきて、これってその状態の刷り込みにならないかな?と思ったからです。

 

よく精神系疾患の人は自分の病気に詳しいと言いますよね。

私もそうですが、よくそう言った言葉で検索を掛けていました。気になりますよね。

このブログでも今までのタイトルだとほぼ每日数人の方がアクセスして下さってましたが、それも【不安障害】と言う言葉があってこそかと思います。

 

気になって、自分の症状や病名に近いものを一生懸命調べます。その時の意識は【その病気】に向かっています。

 【自分はその病気、その症状である】と言うパターンを強めていると思うのです。

あるお話で「意識とは検索エンジンの様なもの」と言うのがありました。

気になって何度も何度も検索を掛けていると、そのうち頭文字を入れただけでパッと先頭にその言葉やそれに関した言葉が出て来る様になります。

そうしてるうちに望んでいない時、考えたくない時でも意識の検索エンジンが勝手に意識の上位に上げてくるのです。

「これが気になるんでしょう?いつも気にしてるよね」って。

 

その検索エンジンを少しでも外すためにタイトルを変えてみました。

場合によってはまた変えたり戻したりするかもしれませんが、とりあえずこれで。

 

「引き寄せの法則なんてなかった」と思う日が来たとしても。

今後、もしそう思う日が来たとしても

それはそれでも良いと思っています。

 

やっぱり現実を見るしかなくて

良くなるためには行動しなきゃいけなくて

社会や一般常識に従わなきゃいけなくて

辛くても苦しくても我慢して努力しなければいけない。

 

もしそんな【現実】に辿り着いたとしても

『今』の私は引き寄せの法則の考え方を信じているのです。

 

今までの【現実】を信じ続けるのか

今までに無かった【新しい概念】を信じてみるのか

 

私は好きな方を選べるし、『今』の私は【新しい概念を信じてみる】を選んでいる。

 

それが吉と出ようと凶と出ようと『私』が選んだ結果。

 

願わくば、「こっちを選んで良かった!」と報告出来る日がくればいいなと思っています(^_^)

 

 

今までの私の思考。

自分は頑張っていないと思っていました。

頑張っていない自分は駄目だと思っていました。

自分以外の人間は皆頑張っている様に思っていました。

自分より頑張ってない人も居るだろうけど、ほとんどの人は自分より頑張っていると思っていました。

自分の意見より他人の意見の方が正しいと思っていました。

他人に悪く言われれば「自分はそういう人間なんだ」と思っていました。

それが単に相手の主観や個人的に毛嫌いされてるだけだったとしても、「自分は他人にそう思われる様な人間なんだ」と思っていました。

けど誰かが自分を褒めてくれたり、良く言ってくれた時には「「お世辞だろう」とか相手が優しいからそう言ってくれてるだけだ」と思っていました。(真に受けては駄目だ、自分を「良い」なんて思っちゃ駄目だと思っていました)

 

相手からの悪意や否定は目の粗いザルの様にドバドバと入って来るのに、

相手からの好意や肯定はギュッと目の詰まったザルの様に一切と言っていい程入って来なかった。

 

実際は、入って来なかったのではなく私自身が受け取らなかっただけなんだと思います。

自分が自分を「駄目だ」と思っているから、それを証明する為にネガティブなものばかり集め、「自分は駄目だ」を証明出来なくなるからポジティブを受け入れなかった。

「自分は駄目」を自ら選択し続けていたんですね。だから今の私は『自分の思った通りの場所に居る』のです。

駄目な自分を望んでいた訳じゃないけど、結果として「望んでいる」と同意義になっていたんです。潜在意識に擦り込み続けてきたので。

 

今はそれに気づき、自らそうなろうとしていた事

自分は頑張っていない・自分以外の人間は皆頑張っていると言うのは『思い込み』だった事(仮に事実であったとしても事実かどうかはもはやどうでもよく、他人と比べた時に感じる感情に過ぎないと思う様になりました)

自分の意見より他人の意見が正しいと思うのは自分の意見が分からないからである事。自分を駄目だと思い続けた結果、自分がどう思っているのか・どうしたいのかが分からなくなってしまい、自分で分からないから他人のに委ねるしかなかったんだと思います。

 

今となっては『他人と比べても意味がない事』『他人の正解が自分の正解とは限らない事』が分かります。今までも理屈では分かっていたけど、そう思えなかったんです。他人と自分の境界線が曖昧だったんだと思います。

今は『自分』と『他人』は『別々の世界』に生きているのだと感じています。交わらない、それぞれの世界に生きているのだと。

 

今まで自分をいじめ続けて来た事、自分に対して本当に申し訳ないと思っています。今となっては何故そんなに自分に不可をつけ続けてきたのか謎です;

それもずっと、他人や世間と比較していたからなのでしょうね。比較しなければ優劣などつけようがないので。

 

けれど私はずっと自分が大好きでした。「なんで自分はこうなんだろう」と思いつつも「自分が嫌い」と思った事はほとんど無いんじゃないかと思います。

ただ愛し方を間違っていたんだなと思います。他人や世間と言うフィルターを通してしか自分を見れていなかったんです。

 

これからは、本当の意味で自分を大切にしてあげたいと思います。

リアルタイムでの発信

と言うのはなかなか難しいですよね。

私は、引き寄せの法則の考え方を取り入れた上でこの不安障害が良くなっていくか。を実験も兼ねてこのブログを始めました。

かと言って100%信じ切れてる(引き寄せの法則の考え方をちゃんと実行出来てる)訳ではないですし

薬や他の現実的・医学的な方法には頼らない、100%引き寄せの法則だけで治す!と言う実験をしている訳でもないです。(試してみたい気もしますがそこまでの勇気が出ないので;)

 

HAPPYさんはご自身で「引き寄せの法則は本当にあるのか?」を実験されていました。そしてそれは叶っている様に思います。

けどそれは既にある程度『自分自身を心地よくさせる事・自分自身を大切にする事』が出来る状態になってからのブログスタートで、土台が整ってからの【物事が現実化するか】の実験だと思います。

 

もしこれが「今日初めて〇〇を見て引き寄せの法則と言うものを知りました!全くの0からですが試してみたいと思います!」とかで「こんな事があったからこの法則は本当かも!」「いややっぱり無理かもしれない…」「いややっぱりあるかも!」「いややっぱり…」と紆余曲折してる様子がリアルタイムで見れたら、より臨場感が感じられそうだな思います。

まあそのタイミングで「ブログで経過を綴ろう!」と思う人が居るかどうかは別ですが(^^; 

 

私はHAPPYさんの言ってる事が嘘だとは思ってないですし、実際現実化していったんだろうと思っています。

ただそれは既にある程度土台が整ってからのお話だと思うので、土台が整う前のスタート、且つ引き寄せの法則に100%振り切り!みたいなブログがあれば読んでみたいな~と言うお話です。( 私は土台は整ってないですが、引き寄せの法則に100%振り切れてる訳でもないので・・・><;)

 

 

リアルタイムな記録。

私は引き寄せの法則はある(自分の心を一番大切に扱っていれば、元気に楽しく幸せに生きていける)と思っています。

私が受けたカウンセリングでも「自分を救えるのは自分だけ」「今!の自分以外の事(他人・世間の目や、今!起こってない事への不安)に焦点を当てると不安は増す」と言われました。

心理学の観点から言ってもスピリチュアルの観点(量子力学である程度証明されてたとしても)から言っても

 

とにかく大事なのは『自分の心を大事にする事』なんだと思います。

 

それが私はまだまだ出来ていなくて、私がここ数ヶ月で出来るようになった事と言えば

『自分をあまり責めない事』位かと思います。それも「それでもいいんだよ」と受け止める様な感じでもなく【考えないようにする】だけ。それでも以前は「責めても何も解決しないし、自分が余計嫌な気分になるだけだ」と分かっていても責めたり「自分はダメだ」と思う事を止められませんでした。

あとは【他人に対する怒り】は少しづつ減っては来たと感じます。私はカウンセリングでも「思い通りにならない相手への怒りが強い」と言われてきました。

「何でこうしないんだろう」「何でこんな事するんだろう」「こうするのが当然でしょ?」と言った感じで街中の人にもしょっちゅう腹を立てていました。曲がり角で確認もせず飛び出してくる自転車や、後方確認もしないでフラ~ッと斜め移動する通行人とか。

最近では、全く腹が立たないとまではいかないものの「この人はそういう人なんだな」とか「この人には確認するという概念がないんだろうなとか」とか思うようになりました。勿論実際はどうなのか分かりませんが、私のストレスが減ればいい話なので(私がどう思おうとその人の行動が変わる訳ではないですし)そう思う事で長々とイライラする事は減りました。

 

私の言う『自分の心を大事にする事』とは、自分の言うことを聞いてあげる、やりたいことをやらせてあげる、と言う感じなのですが

私自身『自分が本当は何を思っているのか?何を望んでいるのか?』が分からない為、それが出来ていないと感じています。

ですが、こうして以前よりは少しでも自分のストレスを減らせた。自分を責める事を減らせた。それだけでも以前よりは『自分の心を大事』にしてあげられているのかな、とこれを書いていて思いました。

 

それでも今はまだまだ自分の心が分からない私ですが、今後もっと引き寄せの法則を本当の意味で理解したり、自分の心が理解できたり、変化していく事があれば綴っていきたいと思います。

 

これは今の私自身の記録でもあり、今後私が見直した時に「こんな時もあったな~」と思える日が来るといいなと思っています。

(数年後とかに「全然変わってないじゃん!!」と責める材料にならない事を祈って。笑)