不安障害と引き寄せの法則。

不安障害な私が 引き寄せの法則や潜在意識を使って改善を試みたり考えたりするブログです。

「引き寄せの法則でなくても良い」とは言ったけれど

以前「引き寄せの法則でなくても良い」と言った内容の記事を書きましたが、それでも私が引き寄せの法則を引き合いに出すには理由があります。 

前に言った通り、潜在意識の力、脳の考え方、量子力学・・・何でも良いのですが、私自身は『見えない力』『科学では証明できない事象』はあると思ってます。なぜなら人間の力で全てを見たり聴いたり確認したり理解したり等は到底出来ないと思うからです。

 

そして引き寄せの法則を思った時に「そんなのないよ!」と思ってしまえば可能性が狭まると思うからです。

現実にひっついた視点でしか物事を見れなくなり【世の中の常識】【医学の常識】【科学的根拠】に基づいた「治るためには〇〇しなければならない」「医者の言う事を聞かないと治らない(医者の言う事は医学的根拠があるから正しい)」「薬を飲まないと治らない」etc・・・

現実視点の【常識】と【思い込み】に縛られ、「~じゃないと治らないんだ。」と治るための方法・可能性が限られてしまうと思うのです。

 

それだと、もしお医者さんが「治るには長い年月が掛かります。」と言ったとしたら

「当分このままなんだ…」という落ち込みと「けど医者が言うんだから間違いないんだ」と言う思い込み、洗脳されてしまうと思うのです。

別にお医者さんが嘘を言っているだとか騙そうとしているとは思いませんが、お医者さんが言っているのは医学的根拠と、その人自身の考え(その人自身が見てきた真実)だと思うのです。

それに一口に【医者】と言っても全員が同じ事を言う訳じゃないですしね。「Aの方法が正しいですよ」「Bの薬がよく効きます」「最新の方法のCが良いです」等々・・・結局何を信じたらいいの?となってしまいます。合う合わないも個人差もありますし。

 

でももし引き寄せの法則の様に、今までの常識・医学・科学などでは証明できないような見えない力や不思議な力があるとしたら・・・。

現実的では考えられないような方法でうっかり良くなったり、良くなるヒントが見つかったとしたら。

素敵だなあと私は思うのです。

なので現実視点だけの狭い可能性より、現実視点じゃ思いもよらない方法もあるかも!と、そんな可能性を信じてみたいのです。

 

それが、私がなんだかんだ『引き寄せの法則』を引き合いに出す理由です(^_^)