不安障害と引き寄せの法則。

不安障害な私が 引き寄せの法則や潜在意識を使って改善を試みたり考えたりするブログです。

怠けてはいけない病

以前、心屋仁之助さんのブログで うつやパニックは【怠けてはいけない病】である、といった内容の記事を読みました。

私は確かにそれはあるだろうなと思いました。

 

怠けていては「いけない」

何かしなくちゃ「いけない」

人に迷惑をかけては「いけない」

頑張らなきゃ「いけない」

このままじゃ「いけない」etc…

 

これらは自己肯定、自尊心が無い(低い)からそう思うのだと思います。

自尊心とは《自分の人格を大切にする気持ち》との事ですが、今の私が思う

自尊心とは《何も理由がなくても自分は素晴らしい存在である》と手放しで思える事なのではないかと思っています。 

 

今までは勿論、そんな考え方など微塵もなくて

何かが出来るから偉い、頑張れる事(人)が偉い、と思っていました。

 

だから「何も出来ない自分=駄目」「頑張れない自分=駄目」と、自分に【不可】ばかり付けてきました。そうやって自ら、自分の潜在意識に「自分は駄目な人間である」と刷り込んで来た訳ですね。

エイブラハムのCDの中に『あなたは今、自分が思った通りの場所に居ます。』と言う言葉が出てきますが 正ににその通りだと思います。

自分の『望んだ通り』ではなく、自分の『思った通り』の場所、です。

今 自分がこういった状況にあるのも『思った通り』と言う事で納得がいくのです。

 

『思考は現実化する』と言いますが、それを創り出しているのはやはり自分だと思います。

 

【怠けてはいけない病】の話しに戻りますが、「〇〇しなきゃいけない」と言うのは「そうでなければ自分に価値はない」と言った気持ちの裏返しだと思います。

「そうでなければ自分に価値はない」「そうしなければ人に嫌われてしまう」そんな焦りや恐怖にいつも駆られているから、心は休まらず精神は疲弊して、ボロボロになっていく自分を「こんなんじゃ駄目だ」「甘えている」とまた叱責する、の繰り返し。

 

そんな事ばかりやってきて、気持ちが病まない訳がないのです。

 

何よりも大切にしなければならないものは自分。

世間の目、他人の評価、他人との比較ばかり気にしていたら、本当の自分も本当の自分の気持ちも分からなくなってしまいます。

 

とは言え、私自身も『本当の自分』を取り戻そうとしてる真っ最中です。長年培ってきた【思考グセ】は根強く、まだまだ私自身葛藤はありますが・・・。

焦らず『本当の自分』を取り戻す事、自尊心を育てる事をやっていきたいと思っています。