不安障害と引き寄せの法則。

不安障害な私が 引き寄せの法則や潜在意識を使って改善を試みたり考えたりするブログです。

不安障害とお医者さん

私はかれこれ十数年向精神薬を飲んできました。

確かに薬の効果はあって(今となっては大半はプラシーボだったのではとも思いますが)その点については良かったと思います。

しかし5ヶ所程神経科、心療内科を回ったところでお医者さんはとにかく薬を出してきます。

それが本当にそれが良いと思ってやっているのかお金のためなのか分かりませんが、お医者さん側から「薬を減らしましょう」と提案された事は無いように思います。

調子が良くなってきて「もう薬を飲まなくても平気or減薬しても大丈夫なのでは?」と思った所で、お医者さんは「もう少し様子を見ましょう」としか言わないのです。

1度減薬に前向きになってくれるお医者さんも居ましたが、減薬後、その影響か何なのか少し調子を崩したら「やっぱりまだ薬を減らすのは早すぎる!」と元に戻されてしまいました。(その後はなかなか減薬を言い出せず・・・。まあ今となっては言ってみても良かったのかなあとは思いますが)

その後、そのお医者さんには言いづらいしどうしようかなあと思っていた所、近くに【薬に頼らない治療】をしている心療内科を見つけ、そこに行ってみる事にしました。

そこは、ここ近年流行っている糖質制限(血糖値の乱高下が精神的不安定をもたらすから)と栄養バランスの乱れを整える(ちゃんとした栄養を摂ることで体内が正常に機能し、結果不必要な不安は感じなくなる)と言った考えのようでした。

確かに体は食べ物で出来ているし、栄養バランスが悪いよりは良いほうがいいだろうとは思いました。

結果、食事(栄養バランス)に気をつけたおかげか離脱症状もなく減薬・断薬する事が出来ました。現在は薬は飲んでいません(念の為の頓服薬は持っていますが・・・)

がしかし、栄養バランスを整えるだけで不安が減ったり脳内がクリアになる事は

少なくとも私にはありませんでした。

まあ栄養バランスを整えると言っても今までよりはマシと言った程度で完璧な食事をしてる訳ではないですし、ケーキやカップ麺なども食べていました(たまには食べたいですよね;)

毎日決まった時間に栄養バランス完璧な食事を取り、規則正しい生活や適度な運動をすればもっと元気になっていたかもしれません。

が、正直それは理想論にない過ぎのでは・・と思いました。(勿論、世の中にはそれが出来る人もいるのかも知れませんが)

そうした中、半年以上通って、ここでは【栄養バランスの徹底】しか言われないのだと思いました。

こちらの言う事が何であろうと、返って来る言葉は二言目には「栄養が」しか言いません。

向こうにとってはそれが真実であり、別に間違っているとは思いませんが、現状の困っている事をスルーされても困ってしまいます。同じ事しか言われない、薬も無いのならお医者さんに行く必要が無いのです。

やはり精神的な不安は思考から来てるものが大半だと思うので、薬でもない(症状を抑える効果はあれど根本的に治してくれる訳ではない)食事でもない(バランスが良いに越したことはないと思うが、それだけで思考まで変わる訳ではない)となったら次は・・・と思っている所です。

 

長くなったので今回はこの辺で。